行間の記録

ひとり読みに挑戦中の年長さんと、活字中毒の母の読書の記録。

話は最後まで読んでからだ - 息子がいじめの加害者に?/大原由軌子

いじめの加害者になった側から描いたコミックエッセイです。読んでいて気分の良いお話ではありませんが、小学生くらいのお子さんをお持ちの方には気になる内容だと思います。

概要 

「(著者の息子)タケが、仲良しだったはずのSくんを複数人でいじめているようだ」とわかるところから物語が始まります。

著者と著者の夫はタケに事実を確認し、Sくんのお宅に出向いて謝罪し、学校で話し合いをし、タケもきちんと反省し、カウンセリングを受け…と、真摯に対応し、タケとSくんの本人同士も和解します。

ところが、タケの弟が先生から目をつけられて体罰を受けたり、全校集会でタケだけが吊し上げのような目に遭ったり、Sくんのお母さんから行き過ぎた要求を突きつけられるようになってしまいます。

これは一体どういうこと?著者と夫が調べていくと、実はSくんのお母さんが…。

感想

本作は、いじめの加害者になった側の心情を描いている稀な作品です。「加害者なのに開き直っている」等の批判もあるようですが、今まで誰も描いてこなかった立場を描いたこの物語は、たくさんの人の目に触れるべきだと思いました。

 

私は人間がが3人以上集まれば、必ずいじめの芽は生まれるものだと思っています。つまり、だれもがいじめの加害者になる可能性を持っているというのが私の見解です。

それでもいじめに発展しないように、理性で自らを律していくのが大人。こどもはまだ未熟なので、こどもたちにかかわる大人には、この芽を摘み取っていく責任があります。

この本を読むと、加害者は「いじめよう」と思ってやっているわけではないことがよくわかります。懲らしめよう、いけすかない、そのような気持ちがいつのまにかいじめに発展してしまうということは、心に留めておく必要があります。

  

しかし、ここまで実話をはっきり描いてしまって大丈夫なのでしょうか…?誰にもあまり顧みられていなさそうなSくんが心配になります。

実話なだけに、面白がって良いのかはよくわかりませんが、「ママ友がこわい」など野原広子さんの漫画が好きな方には、お話としても楽しめると思います。

 

途中まで文春オンラインで読むことができますが、たしかに無料の部分は「加害者のくせに開き直っている」と思われてしまうようなところで終わっています。途中で読むのをやめてしまうと著者の意図がわからないので、是非本を手にとって、最後まで読んでみてください。

 

 

 

当事者・保護者へのエール - 『発達障害』とはなんだろう?/石川憲彦

著者の長い臨床経験からの、発達障害当事者や保護者の方へのエール。とくにお子さんが発達障害と診断されて不安を感じていらっしゃる方には、暗闇を照らす光になってくれる本だと思います。AD/HD、自閉症自閉スペクトラム症、LDについて書かれています。

408ページもある専門書なので、読むのにとても時間がかかりましたが、読んでみてともて勉強になりました。私の理解できた範囲のことを、私の言葉で記述します。

続きを読む

ナチに関する疑問を丁寧に解す良著 - ヒトラーとナチ・ドイツ/石田勇治

「ドイツ、どうしてそうなった!?」が丁寧に解説されています。ナチ時代に興味がある人に、入門書としておすすめします。

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

 
続きを読む

誰もが心の中に持つ差別とどう戦うか - キャラメル色のわたし/シャロン・M・ドレイパー

11歳のイザベラの目を通して、現代のこどもたちを取り巻く諸問題と、それを乗り越えて行くこどもたちの強さが描かれた名作。小学校高学年のお子さんから、おとなにもにおすすめの1冊です。

f:id:apple_tea_soda:20210412130223j:plain

キャラメル色のわたし/シャロン・M・ドレイパー
続きを読む

ナチは正しいと信じていた - 若い兵士のとき/ハンス・ペーター・リヒター

ナチ政権下ドイツの回想録。ナチの教育を受け、それが正しいと思って育った著者が、17歳で志願・入隊し、20歳で終戦を迎えるまでのことが綴られています。

続きを読む

歯のはえかわりのなぞ/北川チハル、ながおかえつこ

大きくわかりやすい絵で、歯がどうして生え変わるのかがよくわかります。年中さん、年長さんの進級祝いのプレゼントにおすすめです。

f:id:apple_tea_soda:20210407183917j:plain

歯のはえかわりのなぞ/北川チハル、ながおかえつこ
続きを読む

”もう若者じゃない私”と生きる - 私がオバさんになったよ/ジェーン・スー

アラフォー女性の気になる単語「オバさん」。

ついに自分がオバさんになってしまったことに戸惑った女性も多いはず。そんなフレッシュオバさんたちに、ジェーン・スーさんの「私がオバさんになったよ」をおすすめします。

続きを読む

美しい思い出すらナチの計画の中にあった - ぼくたちもそこにいた/ハンス・ペーター・リヒター

誰にでもある、少年時代の輝く思い出の日々。仲間と笑ったり泣いたり、夢に向かって努力したり。それすらもナチの非道に組み込まれていたとしたら…。

ぼくたちもそこにいた (岩波少年文庫)
 
続きを読む

おばけのソッチ、おねえちゃんになりたい!/角野栄子、佐々木洋子

ひとり読み入門におすすめの「小さなおばけシリーズ(アッチコッチソッチ)」から、おばけのソッチの比較的新しい作品「おばけのソッチ、おねえちゃんになりたい!」をご紹介します。きょうだいが生まれるお子さんへのプレゼントにもおすすめです。

f:id:apple_tea_soda:20210304152500j:plain

おばけのソッチ、おねえちゃんになりたい!/角野栄子、佐々木洋子
続きを読む

ナチの時代、こどもですら傍観者ではいられなかった - あのころはフリードリヒがいた/ハンス・ペーター・リヒター

著者ハンス・ペーター・リヒターの、ヒトラー政権下の経験を記した、”リヒターの自伝的3部作”のうちの1作めです。大人として、こどもたちの未来にどのように責任を持つべきかを考えさせられる作品です。

続きを読む

オバケちゃんとおこりんぼママ/松谷みよ子、いとうひろし

松谷みよ子さんの「オバケちゃんの本」シリーズから、親子でいっしょに読むのにおすすめな「オバケちゃんとおこりんぼママ」をご紹介します。

f:id:apple_tea_soda:20210324150117j:plain

オバケちゃんとおこりんぼママ/松谷みよ子いとうひろし
続きを読む

スパゲッティがたべたいよう/角野栄子、佐々木洋子

お話が面白い→自分で読めて達成感を感じられる→また読みたい のスパイラルで、こどもが自然に読書好きになる「小さなおばけシリーズ(アッチコッチソッチ)」の第1作目をご紹介します。

f:id:apple_tea_soda:20210324150109j:plain

スパゲッティがたべたいよう/角野栄子、佐々木洋子
続きを読む

かいけつゾロリとまほうのへや/原ゆたか

かいけつゾロリシリーズは、ひとり読み初心者には難しいのでは…」と思っていたのですが、それを上回る面白さがあるようです。

f:id:apple_tea_soda:20210324150113j:plain

かいけつゾロリとまほうのへや/原ゆたか
続きを読む

うさぎたちとふしぎなこうじょう/アダム・グリーン、レナード・ワイスガード、こみやゆう

現在は使われていない工場に、たくさんのうさぎが住み着いて…。

絵画を楽しみながら親子のコミュニケーションが取れる、読み聞かせにぴったりの絵本です。

f:id:apple_tea_soda:20210304150108j:plain

うさぎたちとふしぎなこうじょう/アダム・グリーン、レナード・ワイスガード、こみやゆう

 

続きを読む

女性差別との戦いの歴史 - 生理用品の社会史/田中ひかる

生理用品をめぐる歴史は、日常にはびこる女性差別との戦いの歴史でもありました

生理用品の社会史 (角川ソフィア文庫)

生理用品の社会史 (角川ソフィア文庫)

 
続きを読む